画像強調観察

NBIとは?

NBIとはNarrow Band Imagingの略であり、日本語では『狭帯域光観察』と呼ばれます。

NBIは血液中のヘモグロビンに吸収されやすい狭帯域化された2つの波長(青色光:390~445nm/緑色光:530~550nm)の光で照らして観察するため、粘膜表層の毛細血管と粘膜微細模様が強調して表示されます。

癌は自らを大きくするため、血管を増やして栄養分を取り込もうとする特性があり、癌が拡大すると毛細血管が増え、粘膜表面が込み入った模様に変化するため、NBIで食道・胃・大腸等の様子を明確に画像表示することによって、癌の早期発見に大きな手助けとなります。

どのように見えるのか?

画像強調観察による診断

当院はNBIを用いた拡大観察だけではなく、様々な画像強調観察によって精度の高い診断を行います。

画像強調観察による診断例

 

上記症例の内視鏡動画