消化器内視鏡検査

 

上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)

しらかわ診療では、苦痛の少ない経鼻内視鏡、正確な診断が可能な経口内視鏡をお選び頂けます。

消化器内視鏡学会認定の指導医、専門医による食道・胃・十二指腸の検査・検診を行います。

当日の朝食を召し上がらずに来院頂ければ、即日の検査が可能です。

経鼻内視鏡

鼻腔から挿入する内視鏡で、直径は約5mmほどです。

細い形状ですので、検査時の苦痛(嘔吐反射等)が従来の経口内視鏡と比べ、非常に少ないのが特徴です。

経口と比べると苦痛の少ない経鼻内視鏡ですが、鼻腔の狭い方は検査時に出血することがあります。

経鼻内視鏡は検査の他、組織を採取する生検が可能ですが、治療を行うことはできません。

 

経口内視鏡

 

経口で行う内視鏡はハイビジョン画像であり、経鼻内視鏡と比較するとより正確な診断が可能です。

早期癌の内視鏡的切除など治療にも使用しますが、腫瘍を治療する際の術前診断は経口内視鏡で行い、NBIなどの 画像強調観察 、拡大内視鏡などにより正確に診断します。

 

画像強調観察の例

 

 

経鼻内視鏡と経口内視鏡の見え方の違い

 

大腸内視鏡検査

検査前に下剤をお飲み頂き、お腹の中を綺麗にしてから肛門より内視鏡を挿入して行う検査です。

胃カメラ検査とは違い、即日の検査はできません。

ポリープ等が見つかった場合は、ご希望によってその場で治療を行います。治療を行った場合は1泊~2泊以上の入院となりますので、検査当日は入院案内をお読み頂き、入院できる支度をお持ちください。

大腸内視鏡検査の流れ
  • STEP1:まずは最初に診察をお受けください。検査について十分な説明をさせて頂きます
  • STEP2:診察時に当院にて下剤を処方します。案内に従ってご自宅または当院にて下剤をお飲みください
  • STEP3:お腹の中が綺麗になっていないと大腸内視鏡検査はできないため、当院内にて看護師が便の状態を確認させて頂きます。検査ができる状態になりましたら、検査着に着替えて頂き検査となります

ERCP(内視鏡的逆行性膵胆管造影)


十二指腸に内視鏡を挿入して、十二指腸乳頭(写真)からチューブを挿入し、胆管・膵管を直接造影する検査です。膵臓がん、胆管がんの診断、慢性膵炎の障害の程度などの情報を得ることができ、総胆管結石の診断及び治療を行います。

 

内視鏡の洗浄

OLYMPUS社 内視鏡洗浄機 OER-2、OER-4

しらかわ診療所では、患者様に安全・安心な内視鏡検査をご提供するため、毎回専用の洗浄機にて内視鏡を洗浄しております。洗浄には多少時間がかかりますので検査をお待ち頂くことがございますがご了承ください。